遺品整理のトラブルはこれで解決

遺品整理でよくあるトラブルと問題点とは?

親族や知人が亡くなってしまった時、残された方が必ず対応しなければならない問題が「遺品整理」です。親しい間柄であればある程、その対応は自分の役目になってしまうかもしれません。持ち主当人とはすでにコミュニケーションは取れませんから、下手に手を出したり放置したりしてしまうと、大きな問題につながることも…
そんな遺品整理の際のよくあるトラブルと問題点について、事前に把握しておきたいポイントをご紹介します。

遺品とそれにまつわるトラブルや問題点

そもそも「遺品」とは何を指すのでしょうか。現金や有価証券、土地や建物、家財道具などの「資産価値のあるもの」は、法律に則って分配する「財産分与」の視点から対応を進めていくとして、今回問題点となるのは、それ以外の「個人の持ち物」です。
「個人の持ち物」は侮ってはいけません。2世代3世代と家族みんなで同居している場合には、一家で共用の物品も多く、そのままスムーズに分け合える場合が大半ですが、問題は故人が一人暮らしをしていた時です。ドアを開けたら、ゴミ屋敷だった…なんて場合も、そこに残されたゴミの山も「遺品」ですから、遺された方が早々に処分をしないといけませんし、放置してしまうと近隣住民とのトラブルにも発展しかねません。
ゴミなら捨ててしまえば話は簡単ですが、もっと頭を悩ませるのは骨董品やコレクターズアイテムが残されていた時です。残された方には価値のよく分からないものですから、もちろん迷わず処分してしまっても構いません。ですが、厄介なのがその遺品の「真の価値」が知れた時です。本当は価値のあるものなのに、知らずに廃棄してしまったり安価で売り払ったりしてしまうと、後々なんらかのトラブルに巻き込まれてしまうかもしれません。
また、そういった「価値の高いもの」が残されていた時におこりがちな問題が、形見分けを要求する第三者が現れる場合です。故人とは直接的なつながりがあったものの、遺された方とは一切の面識のない第三者が「故人からこれを譲り受けている」と自称してくる事があるかもしれません。遺言書などに記載のない場合は確かめようがありませんから、厄介な問題に発展しないよう慎重に対応する事が必要となってきます。

遺品整理で押さえておきたい3つのポイント

このようなことを少しでも減らすために、遺品整理の際は3つのポイントを押さえておきましょう。
1つ目に片付けは親族、あるいは友人総出で進める事をおすすめします。人手が多い分片付けもスムーズに進みますし、何より遺品の分配先や価値を故人から聞いた事のある人がいるかもしれません。少人数で抱え込まず、大人数でリスクを分散しながら進めていきましょう。
2つ目は遺品整理業者への依頼も視野に入れてみましょう。故人が賃貸で一人暮らしをしていた場合には、死去後すぐに部屋を明け渡さなくてはなりませんが、遺品があまりにも多い場合には片付けを進めるのは、なかなか骨の折れる作業となります。そんな時は、価値のありそうなものは親族・友人で先に引き上げておき、ガラクタのみが残っている状態になったところであとの掃除や片付けは業者に頼んでしまうのも有効な手段と言えます。
ただし、中には高額な処分費用を請求してきたり、不当な買取をする悪徳業者が潜んでいることもありますから、業者選びは慎重に行いましょう。
3つ目は遺品整理に一番有効的な方法は、やはり生前整理を心がけることです。このように、何の準備もなしに遺品が残されてしまうと、その後の処理には思った以上の問題が発生してしまう可能性があります。普段からいらないものや使わないものは事前に処分する癖をつけたり、価値のあるものは万が一のことに備えて分配や譲り先を考え、書類に残しておいたりすることで、遺された方の対応も格段にスムーズになるはずです。
「死」や「死後」をあまりタブー視しすぎず、自分自身はもちろん、親族や仲間内でも声をかけあいながら遺品整理の問題点やトラブルなどを事前に防いでいきましょう。

安心して遺品整理を大阪にある業者に任せたいなら、こちらの業者がオススメです。協会認定の遺品整理士が責任をもって故人の遺品を整理してくれますよ。

  • 不法投棄

    遺品を不法投棄する業者がいます

    遺品整理をするために業者を探していると、思いのほか料金の安い業者も多く、驚いたことがある方も少なくないのではないでしょうか。遺品整理は思った以上に手間のかかる作業…

    詳細を読む

  • 悪質な業者

    遺品の不当買取とその対処法

    遺品整理を業者に頼んだ場合、そのサービスのメインとなる作業が遺品や不用品(遺品)の処分や買取業務です。家具などの大きなものから故人のタンスや机の中などの細々した物…

    詳細を読む

  • お金

    遺品整理で高額請求された場合

    親族や友人だけで処分を進めようとすると、案外手間がかかり、大変な作業になってしまう遺品整理。インターネットで少し調べてみると、便利な業者が多数ヒットしますので、そ…

    詳細を読む

ニュース

2016/12/20
大切な遺品を処分されないようにするためには…を更新しました。
2016/12/20
遺品を不法投棄する業者がいますを更新しました。
2016/12/20
遺品の不当買取とその対処法を更新しました。
2016/12/20
遺品整理で高額請求された場合を更新しました。

記事一覧へ